白内障!50代からの眼のアンチエイジング

保険の見直は株式会社スマイル リクルートはコチラ お問合せはコチラ

白内障!50代からの眼のアンチエイジング

大変興味深かったので、テレビ番組を見ながらまとめてみました。
とある番組で2015年08月05日に放送された内容です。番組を聞きながらメモってたので、間違いあったら申し訳ありません。

 

白内障!50代からの眼のアンチエイジング

★世界の失明原因第1位の白内障!★

超早期に見つければ、進行を食い止められます!
白内障は50代の3~4割の人に発症。
そのほとんどの人は自覚症状がありません。

白内障は普通の人に比べ交通事故のリスクが2.5倍になるなど、放っておくととても危険!早期発見がとても大切なのです!

白内障は目の水晶体という部分のタンパク質が変性し濁ってしまう病気です。
まぶしさや、目のかすみ、視力の低下することなどが一般的に知られていますが、実は多くの人が視力に問題がなくても白内障が進行していることがわかってきました。

手術は年々進化し、わずか2〜3mmの切開で水晶体を人工レンズに入れかえることができ日帰りや翌日退院できます。
安全で精度の高い手術のため、視力が0.7以上の人でも見え方が改善することが期待できます。

 

【白内障の濁り方による型】

◼︎トゲトゲ型
水晶体の中のたんぱく質が白く変性し、外側から徐々に濁った状態のものが現れたら白内障の初期症状です。

この段階で気がつけは、出来れば手術をせずに済みます。
肉眼では目の中のトゲトゲの筋は見ることが出来ず、視力低下もまだ起こっていないため自分では発見しずらい初期症状ですが、暗いところでは実はとても目が見づらくなってます。これは暗い場所で瞳孔が開くと濁りを通る光が増えるため濁りを通過した光がずれ、2重に見えるからなんです。

◼︎色めがね型

水晶体の核が硬くなって水晶体の中にもう一つレンズができる。

よりピントが近くに合いやすくなった。

年をとると水晶体の厚みを変えるということがあまりできなくなります。

そうすると近くのもののみピントが網膜より向こうになってしまって、ぼやけて見える。

水晶体の中にタンパク質が変性して硬くなったレンズのようなものができる。
それがうまいこと光の調節がなり、近くのものがみえるようになる。一時的に老眼が治ったと思ってしまう。
白内障が進むと、タンパク質の変性かすすみ黄色く着色してしまう。黄色くなり、茶色くなり、全体に色がついて見えるようになり、ものが見えにくくなり、暗いところでは、ものが見えにくくなり、階段で転びやすくなる。

 

【白内障の型の特徴比較】
◼︎トゲトゲ型
特徴
二重三重に見える

◼︎色めがね型
特徴
老眼が治る
二重三重に見える場合もある

 

【ストップ ザ 白内障】
◼︎トゲトゲ型
白内障の進行を遅らせるには、目薬!が効く?!
30年前からある白内障の目薬がある。
トゲトゲ型の初期の人たちにこれを使うと進行のスピードを50%抑えることができる
ただし、進行してしまったものには、効き目がない。
何度も言います。
早期発見のためには、おかしいと思ったらまずは、病院へ!

◼︎色めがね型
酸化ストレスが原因のため、バランスの良い食事でいろいろなビタミンを1日の摂取量をとる。難しい方は、マルチビタミンというサプリメントで補う。
ビタミンとることで、30%進行を遅らせられる。

 

【予防するには?】
◼︎予防には、紫外線対策として
・帽子
・サングラス

実は、トゲトゲ型の白内障の原因の20%は紫外線なんです。

◼︎かぶり方で紫外線カットが変わります。
・帽子を浅くかぶると20%カット
・帽子を深くかぶると50%カット
サングラス50〜90%カットしてくれる。
レンズは、ほとんどのものは、紫外線カットしてくれるが、隙間からのがよくないから、縁の太いものがよい。

 

【白内障手術することでいいことが!?】
◼︎白内障の半分の人が睡眠障害
手術したことで、目の奥に光が正しく届くことで体内時計が調整されやすくなる。
体内時計が調整されるので、睡眠障害も減ってくる傾向が出ている。

ということで、
50代からの目のアンチエイジングいかがでしたか?
聞いてて、なるほどと思うので、いい小ネタになれば。

ブログ配信:大倉山支店   山縣